【助成金】横浜市内のみ!中小製造業者の設備投資に助成金。

中小製造業向けの助成金のご案内

こんにちは!横浜市の行政書士宮城彩奈です。
横浜市は中小製造企業様向けに助成金を公募しています。横浜市内でものづくりを担う中小製造業の方の経営改善や競争力強化のために行う高効率な生産設備の導入や工場の新築・増築に対し、一部経費の助成されます。
「横浜市中小製造業設備投資等助成金」という助成金で、申請書の提出期限は平成29年6月16日ですが、6月9日までの事前相談が必須です。お早めに検討してください。早速検討している方もいらっしゃいます!

基本的な考え方。

    1. 原則として横浜市内の事業者に発注してください。
    2. 助成金の交付を受けようとする者の要件を満たさない場合や、公序良俗に反する等、市長が不適当と認めた場合助成金は交付されません。
    3. 助成金の交付を取り消す場合があります。
    4. 補助事業者は助成金の交付が取り消された場合は、すでに交付された分について返還しなければなりません。
    5. 助成金の返還を求められた時は、日数に応じて年10.95%の割合で加算金を納付しなければなりません。
    6. 上記の納付期日までに納付しなかったときは、日数に応じてその未納額年10.95%の割合で計算した滞納金を納付しなければなりません。
    7. 倉庫や事務所等に係る設備投資は対象外です。
    8. 申請書や領収書等の関係書類は5年間保存しなければなりません。
    9. 補助事業者に対して、成果を確認するためのヒアリングへの協力または報告を求める場合があります。

3つの申請区分と助成額

横浜市内に工場を持つ中小製造企業様に「工場に導入する設備」「工場の新築・増設」「工場を開設する場合の賃料」に対して出る助成金が公募開始しています。
予算は1億5,800万円なので、1次募集で予算額が達した場合は2次募集は行いません。

設備投資型 所有型 賃借型
概要 助成対象地域内で自社所有または賃借している工場に導入する以下の設備、導入による付帯工事に対する助成金。

  1. 生産設備
    (200万円以上)
  2. IoTを用いた工場の見える化
    (100万円以上)
  3. 騒音・振動・悪臭対策等の操
    業環境の改善
    (100万円以上)

助成限度額:1,000万円
助成率:10~30%

助成対象地域内で自社所有の工場の新築・増築、これに伴う設備の設置に対する助成金。
(1,000万円以上)
助成限度額:1,000万円
助成率:10~30%
助成対象地域内で賃借により工場を開設する場合の賃料に対する助成金。
(10万円以上/月額賃料)
助成限度額:200万円
助成率:賃借料の3か月分
助成対象地域 横浜市内の工業系用途地域
第一種・第二種住居、準住居
近隣商業、商業地域
市街化焼成区域
横浜市内の工業系用途地域 横浜市内の工業系用途地域

※()は最低事業費

助成金を申請するには?

交付を受けるための要件があり、以下をすべて満たす必要があります。

    1. 日本基準生産分類に定める製造業を営んでいること。
    2. 中小企業であること。ただし個人事業主・みなし大企業を除く。
    3. 創業から12か月を経過し、かつ製造業を営んで12か月経過していること。
    4. 市税及び横浜市に対する債務の支払い等の滞納がないこと。
    5. 平成26年~28年に当制度を利用していないこと。
      ※下記のいずれかに該当する場合は、5の要件は適用されません。

      1. 「横浜型地域貢献企業支援事業」において認定を受けていること。
      2. 所有型または賃借型の申請を行う場合に、工場の面積の増加を伴うこと。
      3. 設備投資型の申請を行う場合に、騒音・振動・悪臭等の低減のために行う建屋内等の改修となる設備投資であること。
    6. 財産状況が著しく悪くないこと。
    7. 横浜市暴力団排除条例に基づき、暴力団構成員ではないこと。
    8. 工場を操業するにあたって、関係法令や条例を遵守していること。
    9. 各申請区分の条件の対象地域内であること。

手続きの流れは?

申請書を提出する前に、事前相談予約を取り、申請予定の投資計画の相談に行きます。その後、申請書類を持参で提出した後に設備投資等の契約を締結します。
助成金予算額を超えた場合は抽選等した後に交付決定の通知があります。決定した場合は実績の報告と横浜市経済局が行う現地調査に立ち会います。交付決定額通知書が受け取ってから、請求書を提出し助成金を受領します。(平成30年4月ごろ)
順番を間違えたり、書類が間違えていると助成金を受けられなくなりますので注意が必要です。

まずは専門家に相談しよう!

上記でざっくり記載しましたが分かりずらい表現もあると思います。まずはお気軽にご連絡下さい。

こちらのリンクからメールのお問合せフォームに飛びます。

お電話にてお問合せする場合は下記画像リンクから直接つながります。
※スマートフォン・携帯電話のみ。

メルマガのご案内

この記事の補助金・助成金以外にも申請可能な補助金・助成金はたくさんあります。
もし新しい補助金・助成金が出たら、メルマガにていち早く皆様にお届けします。
メルマガ登録は下記よりご登録ください。

%e5%9b%b31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です