【補助金】ものづくり補助金とは!?募集が始まりました。

ものづくり補助金の募集

こんにちは!横浜市の行政書士宮城彩奈です。
小規模事業者持続化補助金が4日から募集が開始した件は以前の記事で載せましたが、11月14日から「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の募集が始まりました!「ものづくり補助金」とも呼ばれます。
本補助金の概要は、「国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済に対応するため、経営力向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等の一部を補助する」というものです。
募集期間は平成28年11月14日〜平成29年1月17日までです。
神奈川県の地域事務所の公募要領に沿ってご紹介します。

対象

認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者。
(日本国内に本社及び実施場所を有する
下記の要件いずれかに取り組むものである事。

  • 「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う革新的なサービスの創出・サービス提供プロセスの改善であり、3〜5年で「付加価値額」年率3%及び「経営利益」年率1%の向上を達成できる計画である事。
  • 「中小ものづくり高度化法」に基づく特定ものづくり基盤技術を活用した革新的な試作品開発・生産プロセスの改善を行い、生産性を向上させる計画である事。

事業の詳細と補助上限・補助率

  • 第4次産業革命型(設備投資必要)
    中小企業者等が第4次産業革命に向けて、IoT・AI・ロボットを活用する革新的ものづくり・商業・サービス開発を支援。
    補助上限:3,000万円、補助率3分の2以内
  • 一般型(設備投資必要)※
    中小企業者等のうち経営力向上に資する革新的ものづくり・商業・サービス開発を支援。
    補助上限:1,000万円、補助率3分の2以内
  • 小規模型
    設備投資のみ…補助上限額:500万円、補助率3分の2以内
    試作開発等…補助上限額:500万円、補助率3分の2以内(設備投資は必須ではない)

設備投資とはもっぱら補助事業のために使用される機械、装置、工具、器具及び専用ソフトウェアの取得のための経費のうち補助対象経費で単価50万円(税抜き)以上を計上する場合を指します。
※雇用増(維持)し、5%以上の賃上げで、補助上限を倍増
※最低賃金引き上げの影響を受ける場合は補助上限をさらに1.5倍(上記と併せ補助上限は3倍)

2次公募の予定ありません。

今のところ、2次公募の予定はありません。補助額も大きく、一般型と小規模型には加算もあるのでこれを機に応募してみてはいかがでしょうか。

メルマガのご案内

この記事の補助金・助成金以外にも申請可能な補助金・助成金はたくさんあります。
新しい補助金・助成金が出たら、メルマガにていち早く皆様にお届けします。
メルマガ登録は下記よりご登録ください。

%e5%9b%b31

こちらのリンクからメールのお問合せフォームに飛びます。

お電話にてお問合せする場合は下記画像リンクから直接つながります。
※スマートフォン・携帯電話のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です