【補助金】省エネ建設機械の導入なら補助金を活用しよう!

設備導入の補助金

こんにちは!横浜市の行政書士宮城彩奈です。
今回はいつもの創業する際の補助金ではなく「設備導入」についての補助金のご案内をしたいと思います。
当事務所でも取り扱っている許可申請の一つに建設業許可がありますが補助金については初めてです!建設業以外にも設備導入の補助金は多数ありますが、国土交通省より「平成28年度省エネルギー型建設機械導入補助金の公募」が出てます。補助対象車両の購入価格と基準価格の差額の定額または3分の2(上限300万円)を補助し、建設設備に省エネルギー型建設機械の導入する事で、省エネルギー型建設機械の普及促進、市場活性化、省エネルギーの向上により低炭素社会の実現に関する事を目的としています。

どんな機械が対象?

低炭素社会の実現を目的としているので、環境問題に重きを置いています。
ハイブリッド機構、情報化施工、電気駆動等の最先端な省エネルギー技術が搭載されている「油圧ショベル」「ブルドーザー」「ホイールローダー」の3機種が対象です。

対象事業・公募期間は?

民間企業・その他法人(独立行政法人除く)・個人事業者が行う省エネルギー型建設機械の導入が対象です。
すでに公募は始まっているのですが、この補助金は期間が長く平成29年3月16日まで公募しています。
ここ数十年、経済問題や世界情勢など問題は山積みですが、便利になっていく私たちの生活の水面下で環境問題は確実に進んでいます。環境や自然があってこそ生物の生活があります。建設機械だけに言えませんが、上記設備の導入の際は国が出している補助金も活用したいですね。

こちらのリンクからメールのお問合せフォームに飛びます。

お電話にてお問合せする場合は下記画像リンクから直接つながります。
※スマートフォン・携帯電話のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です