【補助金】補助率や補助額の高い補助金を受ける為には?

法認定計画を考える

こんにちは!横浜市の行政書士宮城彩奈です。
これから大きな資金を出費して何か事業を始める方、始めるのはいいけどやはり資金に不安があったりするのではないでしょうか?そんな時は補助金の活用を考えてみてはいかがでしょう。補助金にも補助金額が大きく、補助率が高いものもありますので資金面の不安も取り除く事も出来ると思います。
突然ですが「法認定」とはご存知ですか?大多数の方が初めて聞くのではないでしょうか。
補助金は原則返済不要で国や地方自治体から支給されるお金ですが、補助金によってはこの「法認定」を受ける事が条件になっており、そういう補助金に限って金額が大きく、補助率の高い場合が多いのです。

法認定とは?

文字通り「法律によって認定」されているという事です。
その認定されるものは通常「事業計画」で、その認定を受けた事業計画を「法認定計画」と言います。
事業計画はどの補助金を受ける場合でも重要なものですが、法認定を受けた事業計画の実施については、補助金の他にも融資や信用保証など手厚い支援を受ける事ができます。

どんな計画にすればいいの?

法律には別々の目的があるので、その法律の目的に合った事業計画を作成しなければなりません。そして認定を受ければ支援を受けれるのです。
法認定とは、認定という行為を通じて幅広く支援する仕組みを提供するものです。
ただし、認定を受ければ直ちに補助金をもらえたり支援を受けれるわけではありませんが、認定計画を国が支援することは法律で定められていますので、法認定計画と通常の事業計画では重みも変わります。
だからこそ金額も大きく補助率の高い補助金を受けられることは当然とも言えます。
また、融資や信用保証をお考えの方には法認定計画を取っておくことで有利になるのでお勧めしています。

こちらのリンクからメールのお問合せフォームに飛びます。

お電話にてお問合せする場合は下記画像リンクから直接つながります。
※スマートフォン・携帯電話のみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です