【行政書士試験】実は一般知識は得点源!?10問以上正解する方法

一般知識の勉強方法

こんばんは。横浜市の行政書士 宮城彩奈です。
また行政書士試験ネタですが前回は①でしたが今回は②です。
テーマは「一般知識」!行政書士の合格を目指す方はご存知であると思いますが300点満点中180点が合格点です。(※補正処置あり)
でも法令問題以外に一般知識という問題があり、一般知識問題で最低14問中6問取らないといくら180点以上取っても足切りで合格できません…。
ですが一般知識の範囲は恐ろしく広大で、年によってもムラがありどのように対策を取ればいいのかわからない受験生が多いのです。
私もそうだったので、本試験では足切りを避けれればいい…と思っていた程度だったのですが、なんと14問中11問取れました。(44点)
まさかの得点源になったのです。そんな話から最近はよく一般知識の対策について聞かれることもあったりしたので、特別なことはしなかったのですが今回は思い当たる対策を少しご紹介いたします。

1、【政治・経済・社会はジャンルを絞る】

私が一般知識を意識し始めたのは、ちょうど夏くらいです。
本当は日々ニュースや世間の動向を気にしながら過ごしていれば良かったのですが肝心な法令科目もやらなきゃいけない中、テレビのニュースを見ている暇もなく…
時期も時期だったので、政治・経済・社会全部意識するのは逆に良くないと思い、その中でも楽しく勉強できそうな政治分野だけ意識して関係書物を読んでいました。
全部が得意な方はそうする事は必要ないかと思うので、あくまでも苦手な方は…ということです。

2、【模試は受けられるだけ会場で受ける!】

上で書いた、じゃあその肝心な書物だったり勉強方法はなんなの!?と思う方がいると思うのですが、メインは予備校などで行っている模試です。(※模試はできる限り会場で受けて臨場感を味わっておきましょう)
模試に出ている一般知識問題は、近年注目されている話題を中心に出題しているものです。間違えたところは頭の片隅に入れておくといいです。

3、【休憩時間が大きな勉強時間になる?】

最後に、人間ずうーっと集中力を切らさずやり続けることはできないものです。
休憩時間はできる限り、クイズ番組を見るようにしましょう!行政書士の一般知識は、突拍子もないところから出題される事もあります…(私の年は日本の最西端の島を聞かれました。)
クイズ番組は自分も参加して正誤を考える事で、覚えやすいのです。しかも楽しい!から入りやすいです。でもそのまま休憩し続けるのは避けてくださいね…笑  今回紹介した方法はあくまでも自己流です。
どんな方法であれ、早めに自分のやりやすい方法を見つけるのが一番の近道だと思います。ご参考までに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です